スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

U-23日本代表と北島康介

北島康介の100m平泳ぎ、家電量販店のTVで見ました。
なんというか、流石の一言。
大会前の行き過ぎ的な報道、予選・準決後の不安報道。
プレッシャーが無い訳がない。
それを実力で跳ね返した。
地球の歴史上で平泳ぎが最も早い北島康介、次の200も楽しみだ。

そしてサッカー代表。
最悪(全敗)のことも考えてたから落胆はなかった。
試合内容もそうだが、試合後のインタビューに甚だガッカリ。

「ピッチコンディションが悪くて…」
「サッカーの技術やうまさ以外のところでやられた…」

アホか。
負け犬の遠吠え。

まず最初のコメント
どこまで温室育ちなんや。
ピッチのことなんて前から分かってること。
しかも相手も条件は同じ。
ポゼッション出来ないなら試合中に修正すれば良い。
そしてピッチ状態が良ければ…?
勝負にたら・ればはないんばい。

そして後のコメント。
恥ずかしい。
まるで自分達のほうがサッカーは上手いと言ってるよう。
負けたのに。
いいですか、下手だから負けたんです。

U-23に限ったわけではないと僕は思う。
多くの人がそうであるように最近の代表戦には面白さがない。
昔に比べると技術面は格段に上がったとは思う。
なのに面白くないんよね。
なんでやろか。

「気持ちが見えない」

絶対にこれだと思う。
中にはスター選手の有無を理由に挙げる人もいるかもしれないけど。
僕はもっとガムシャラな代表を見たいんよね。
面白いサッカーを見たいんよね。

明後日のオランダ戦
向こうがベストメンバーで来るかは分からないけど、今の日本は失うものはない。
ガンガン行ってくれ。
気持ちが入ったプレーを。
負けたら仕方ない。
余計な言い訳は不要。
胸を張って帰ってくれば良い。
君達は日本の、そしてアジアの代表なんだから。

にほんブログ村
スポンサーサイト
13:04 | football | trackbacks (0) | edit | page top↑

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ryons11.blog101.fc2.com/tb.php/78-a1fe5659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。