スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

千葉はやっぱり強かった。

昨日のジェフ戦。
西が丘でU-18の応援後に(これは別エントリーで書きます)新宿で観戦。
ビバスマップに16+2人のアビスパサポーターが集まった。

誰もが認める強い千葉との対戦。
負けるわけにはいかない、勝たなければいけない。
テレビ越しに伝わってきた博多の森の空気も僕らがいる新宿のそれも同じ。
はやる気持ちを抑えつつ、キックオフを待った。

そしてキックオフ。
A席は気合いのエンドレスアビスパオーレ。
うんうん、いい空気だ。
でもアビスパの選手たちがパっとしない。
気合いが空回りしてる感じ。

そんなこんなで迎えた前半8分
青木がえげつないミドルを叩き込み千葉が先制。
シュートの素晴らしさは勿論だが、アビスパはボールを持った青木に誰もプレスに行かない。
距離はあってもシュートコースはバッチリ開いてた。
店内は一瞬静まり返る。

前半アビスパは2度の決定機。
末吉のシュートには頭を抱え、城後のポストをかすめた場面は全員立ち上がり悔しがった。

千葉はやっぱり強い。
プレスが恐ろしく激しく、ネットのポストプレーには毎度悲鳴を上げた。
向こうは昨年までJ1で現在も3位のチーム。
強いのは当り前か。
アビスパ0-1ジェフで後半へ。

最近のゲームは逆転勝ちが多い。
ハーフタイムにうまく修正されてるんやろう。
この日もそうだった。
両サイドを広く使い、相変わらず激しい千葉のプレスを掻い潜る。
少しでも中にスペースが出来ればそこに走り込み、シュートを放つ。
久藤、末吉、丹羽
しかしどれもゴールネットを揺らすことが出来ない。

でも僕らは誰ひとり諦めてなかった。
悲観的にもなってなかった。

テレビに映る博多の森は大雨。
集客大作戦もあって今季最高12000人の観客の中には初めてアビスパを観てる人もいたことやろう。
チケットが完売したA席はエンドレスで歌い続け、それに合わせてスタジアムに手拍子がこだまする。
とてもとても懐かしい空気。
そう、僕らがJ1にいたころは毎試合がこうだった。
ピッチ上で繰り広げられるレベルの高いゲーム、
そこに千葉サポーターのチャントも重なり、熱気に溢れた博多の森。

そして81分
最初の歓喜がやってきた。
CKのこぼれ球がポッカリと空いたスペースに転がる。
そこに走り込んできたのは俺たちのユースケ。
ゴール前にはウジャウジャ選手がいてシュートコースは見えなかっただろうに、
「何か」を信じ、右脚を振り抜く。
2回くらい相手に当たったボールがゴールネットに吸い込まれる。
きた、やっときた!
同点GOAL!

でもそれだけじゃ終わらない、終われない。
博多の森も新宿も、勝つことだけしか考えてなかった。

でも千葉だって黙っちゃいない。
危ないシーンが2度あったが神様ゴリがしっかりと守り抜く。

88分
その瞬間がきた。
右サイド高めにいた城後に絶好の形でボールが渡る。
左脚を一閃。
綺麗な弾道を描いたボールがゴール左隅に突き刺さる。

博多の森は大熱狂。
新宿は店内総立ち。
アビスパバカたちは抱き合い、叫び、泣いた。
最高。

死闘を制したアビスパ
本当に強かった千葉
大雨の中、自分たちのクラブを後押しし続けたサポーターたち
This is football
最高。

誰かがtwitterでつぶやてた
「多分レベスタが今、地球で一番楽しい場所」
最高。

勝った。
とにかく勝った。
でも浮かれてなんかいられない。
僕らはまだまだ挑戦者。
次は順位表の上にいる柏、甲府を目指そう。
12月にアビスパに関わる皆で笑えるように、あと13試合戦っていこう。

でももう一度言わせて。
アビスパ最高!

アフターゲームショー
福岡×千葉

スポンサーサイト
11:45 | avispa2010 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
またまたまた逆転勝利の横浜FC戦。 | top | 黄色もトリコロールもやっつけちまうぜ!

comments

# 山形から祈ってましたよ。
今日に賭ける気持ちを聞いていただけに。
ホント、おめでとうございます。
お互い、気を抜かずに最期に笑えるといいですね。
by: kimio_ido | 2010/09/13 12:38 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://ryons11.blog101.fc2.com/tb.php/591-9c2d6dda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。