スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

またまたまた逆転勝利の横浜FC戦。

お仕事が忙しくってなかなかブログ更新できませんが、
今日こそ眠い目を擦りながら頑張ります。笑

行ってきました、三ツ沢。
サガン横浜FCとのゲームでした。
「来年はもうJ1やけん来れんねー!三ツ沢を満喫せなねー!」
とか軽口叩いてたら、
「来年はナビスコで来るよ」
だって。
そかそか、納得。笑

IMG_0652.jpg
いやーまた逆転勝ちっすよ。
というか、また先制されましたよ。
勝つのは良いけど、いい加減
「先制してダメ押し」
って試合展開も観たいよね。

でも、でもでも。
本当に強くなりました。
僕らサポーターも
「今のアビスパなら絶対に勝てる」
と自信を持ってサポート出来てる。
この日もアビスパサポーターらしい遊び心満点なサポートだったよね。笑

赤い帽子の方にはしっかりと盛大なブーイング。
でも根は優しいのでホベルトには拍手。
試合中にはトスとか聞こえたようなないような・・・笑
とにかく最高に盛り上がったアウェイゴール裏でしたばい。

次はダービー。
サガン本家との対戦。
気が引き締まるね。

毎度毎度同じことを書くけど、ダービーは今の順位とか関係ない。
どっちが有利とかない。
絶対に勝たんといかん試合。
次の柏戦もそりゃ大切やけど、今は鳥栖を倒すことで頭は一杯やんね。
選手・スタッフ・フロント・サポーター
皆の力を合わせて鳥栖を倒そう。
そしてスッキリJ1に戻ろう。
俺たちはやれる。
きっとやれる。
大丈夫。

高円宮杯U-18のこととか、
アビカラ!のこととか、
三ツ沢で会った中学校の後輩の話とか、
試合後の祝勝会の話とか、
書きたい事はたくさんあるんやけど、今日のところはこのへんで。
福岡へ帰るために、まずは明日の仕事を終わらせなければならないので。

それではおやすみなさい。
良い夢見ろよっ!
スポンサーサイト
01:15 | avispa2010 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

千葉はやっぱり強かった。

昨日のジェフ戦。
西が丘でU-18の応援後に(これは別エントリーで書きます)新宿で観戦。
ビバスマップに16+2人のアビスパサポーターが集まった。

誰もが認める強い千葉との対戦。
負けるわけにはいかない、勝たなければいけない。
テレビ越しに伝わってきた博多の森の空気も僕らがいる新宿のそれも同じ。
はやる気持ちを抑えつつ、キックオフを待った。

そしてキックオフ。
A席は気合いのエンドレスアビスパオーレ。
うんうん、いい空気だ。
でもアビスパの選手たちがパっとしない。
気合いが空回りしてる感じ。

そんなこんなで迎えた前半8分
青木がえげつないミドルを叩き込み千葉が先制。
シュートの素晴らしさは勿論だが、アビスパはボールを持った青木に誰もプレスに行かない。
距離はあってもシュートコースはバッチリ開いてた。
店内は一瞬静まり返る。

前半アビスパは2度の決定機。
末吉のシュートには頭を抱え、城後のポストをかすめた場面は全員立ち上がり悔しがった。

千葉はやっぱり強い。
プレスが恐ろしく激しく、ネットのポストプレーには毎度悲鳴を上げた。
向こうは昨年までJ1で現在も3位のチーム。
強いのは当り前か。
アビスパ0-1ジェフで後半へ。

最近のゲームは逆転勝ちが多い。
ハーフタイムにうまく修正されてるんやろう。
この日もそうだった。
両サイドを広く使い、相変わらず激しい千葉のプレスを掻い潜る。
少しでも中にスペースが出来ればそこに走り込み、シュートを放つ。
久藤、末吉、丹羽
しかしどれもゴールネットを揺らすことが出来ない。

でも僕らは誰ひとり諦めてなかった。
悲観的にもなってなかった。

テレビに映る博多の森は大雨。
集客大作戦もあって今季最高12000人の観客の中には初めてアビスパを観てる人もいたことやろう。
チケットが完売したA席はエンドレスで歌い続け、それに合わせてスタジアムに手拍子がこだまする。
とてもとても懐かしい空気。
そう、僕らがJ1にいたころは毎試合がこうだった。
ピッチ上で繰り広げられるレベルの高いゲーム、
そこに千葉サポーターのチャントも重なり、熱気に溢れた博多の森。

そして81分
最初の歓喜がやってきた。
CKのこぼれ球がポッカリと空いたスペースに転がる。
そこに走り込んできたのは俺たちのユースケ。
ゴール前にはウジャウジャ選手がいてシュートコースは見えなかっただろうに、
「何か」を信じ、右脚を振り抜く。
2回くらい相手に当たったボールがゴールネットに吸い込まれる。
きた、やっときた!
同点GOAL!

でもそれだけじゃ終わらない、終われない。
博多の森も新宿も、勝つことだけしか考えてなかった。

でも千葉だって黙っちゃいない。
危ないシーンが2度あったが神様ゴリがしっかりと守り抜く。

88分
その瞬間がきた。
右サイド高めにいた城後に絶好の形でボールが渡る。
左脚を一閃。
綺麗な弾道を描いたボールがゴール左隅に突き刺さる。

博多の森は大熱狂。
新宿は店内総立ち。
アビスパバカたちは抱き合い、叫び、泣いた。
最高。

死闘を制したアビスパ
本当に強かった千葉
大雨の中、自分たちのクラブを後押しし続けたサポーターたち
This is football
最高。

誰かがtwitterでつぶやてた
「多分レベスタが今、地球で一番楽しい場所」
最高。

勝った。
とにかく勝った。
でも浮かれてなんかいられない。
僕らはまだまだ挑戦者。
次は順位表の上にいる柏、甲府を目指そう。
12月にアビスパに関わる皆で笑えるように、あと13試合戦っていこう。

でももう一度言わせて。
アビスパ最高!

アフターゲームショー
福岡×千葉

11:45 | avispa2010 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

黄色もトリコロールもやっつけちまうぜ!

今週末はアビスパ2連発です。
どっちも負けられません。
いや、違う。
どっちも勝たなければなりません。

まずはこれ。

高円宮杯 全日本ユースサッカー選手権
予選リーグ 第2節
アビスパ福岡U-18×横浜Fマリノスユース
9月12日11:00キックオフ @西が丘サッカー場


先日行われた第1節では日本クラブユース選手権ベスト4の名古屋U18相手に惜敗を喫したアビスパU-18。
今節も同じく日本クラブユースでベスト4の横浜Fマリノスユースが相手。
でも大丈夫。
彼らは強いから。
精一杯後押しするよ。
関東在住のアビスパサポーターの方々、ぜひぜひ西が丘へ足をお運びください!
トップチームとはまた違った魅力のサッカーを堪能できますよ。
そして皆で叫びましょう。
フックッオカ!
フックッオカ!


そして第2弾はこれ。
無題
言わずと知れた昇格圏内進出を賭けた大一番。
止めましょう、黄色を。
残念ながら現地には行けませんが、関東の仲間たちと一緒にテレビ越しに気持ちを送ります。
もし、「一緒に盛り上がりたい!」という関東在住すポーターの方がいらっしゃいましたらコメントで結構ですのでご連絡ください。
いつも新宿のスポーツバーでアビスパ戦を放映して頂いています。
一緒に盛り上がりましょう!

とっても楽しみな日曜日。
それまでに今週の仕事を片付けなければ。
頑張ろう、おう。


16:35 | avispa2010 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

天皇杯2回戦、ようやく桃太郎退治。

Jリーグに加盟するクラブの中で唯一勝ったことが無かったチーム
それが岡山。

リーグ戦のみならず北九州市長杯でも負けっぱなし。
それが岡山。

そんな岡山をやっとこさ倒した。
いや、別にそんなに嬉しくないんやけどね。
だって岡山よ?
Jリーグ参入2年目の岡山よ?(先輩ヅラしてごめんなさい)
いまリーグ戦18位の岡山よ?(高飛車でごめんなさい)

ともかくその岡山に勝った。
イヤッホー!

試合内容は知らん。
0-2で前半リードされたけど、ヒデヤとジョーゴとマチが華麗に決めたことしか知らん。
審判がダメダメで岡山サポーターは大ブーイングやったとか全然知らん。

ようやく倒したぜ、桃太郎!
そう俺たちは鬼だ、鬼!
次の相手は熊か。
熊より鬼のほうが強いやろう。

それどころか熊の好物はハチミツやろ?
ハチミツは蜂が集めてくるんばい。
蜂のおかげでハチミツ食べれるんばい。
(あれ?なんだかおかしな方向に進んでるな・・・)

まあいい、俺たちは鬼だ(蜂はやめた)

とにかく次は熊を倒す。
熊肉だ、みんなで熊肉食おうぜ。
そして元旦国立まで突っ走るのだー!

現地まで行かれたサポーターの皆さん、お疲れさまでした。
楽しかったようで・・・羨ましい。

11:33 | avispa2010 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

西が丘でアビスパ福岡U-18を応援してきました。

日曜日のお話。
茹だるような暑さの中、西が丘サッカー場に行ってきました。
目的は勿論アビスパの弟分、U-18の晴れ舞台である高円宮杯。

午前中からちょっくら会社に行って仕事終わらせて行こう!
とか思ってたら全然終わらずにスタジアムについたのは13時ごろ。
いやー暑い・・・

とりあえずメインスタンドで選手たちの顔ぶれを確認。
みんな九州男児!って感じでイイネ!イイネ!
ついでに監督・コーチにもご挨拶。

余談だけど、名古屋な人たちも喜んでました。
何てったってあの宮原がコーチにいるもんだからね。笑

本題に戻ります。
って、この時点での気温39.1度(公式発表)
サッカーやっちゃイカンやろ。
僕らもぶっ倒れそうなくらいなのに、ピッチ上の選手たちは大丈夫か・・・?
IMG_0617.jpg

そしてキックオフ直前にゴール裏に移動。
軽装な仲間たちを羨ましく思いつつ、
Yシャツを脱ぎ棄て、
スラックスを捲り上げ、
タオマフ巻いて、
さあキックオフ。
IMG_0618.jpg

前半はアビスパはMF三島が左サイドから攻め込む展開。
思ったより名古屋の選手たちがパッとしない。
そんな中、前半25分にアビスパ先制!
MF牛之濱が右サイドから中央のFW三苫元太に絶妙なパス。
三苫がそれを左に振って、そこにフリーで走り込んできたMF菊本がビューティフルゴール!
素晴らしい!
もう僕たち大騒ぎ。

その後も弟たちは走る走る。
特にNo14の牛之濱にボールが渡るとメインスタンドからどよめきが起こる。
必ず前を向き勝負を仕掛けるその姿。
みんな期待してるんですよ、彼のプレーに。
まるで永里源気を見てるような、そんな感じ。
いいねいいね。

そして完全に名古屋を圧倒したまま前半終了。
相手GKの攻守に遮られたものの、アビスパの決定機は4度ほど。
名古屋の決定機はポスト直撃の1度だけかな?

そして後半。
名古屋が別のチームになった。
強い。
左サイドを10番の選手に何度もえぐられ、アビスパは防戦一方。
そして後半開始5分くらいに同点ゴールを決められる。
それからはお互い我慢勝負。
灼熱のピッチ上を必死に走る18歳以下の選手たち。
もう、ね。これこそ死闘。
結局後半ロスタイムに強烈なゴールを決められ1-2で敗れてしまった。

ここからは感じたことをいくつか。
●真夏の昼間キックオフなんてバカげてる。
(現に両チームのGKが足を攣らせ交代するという過酷なコンディションだった)
●名古屋ゴール裏はユース専用の弾幕・ユース用のチャント・ユースサポーターTシャツで驚いた。
●アビスパの選手たちは良い子ばっかしだ(かなり贔屓目)
●試合後、号泣していたGK大岩根君には声を大にして言いたい。
「ミスはつきもの。でもそれ以上にファインセーブ連発で凄かったぞ!」
●12日(西が丘・横浜FM戦)、18日(夢の島・三菱養和戦)も必ず行くよ。

というわけで、関東にお住まいのアビスパサポーターの皆さん。
次は
12日(日曜日) 西が丘サッカー場
アビスパ福岡U-18×横浜Fマリノスユース
11:00キックオフ

です。
チケットは当日でも1000円で買えます
トップチームの大一番、千葉戦の前に皆で弟たちを応援しませんか?
ぜひぜひ応援宜しくお願いします!
10:34 | avispa2010 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。